アフィリエイターとしての視点を磨く

アフィリエイターとしての視点を磨く

アフィリエイターとしての視点を磨く

 

みなさん、アフィリエイターという職業をご存知でしょうか?
アフィリエイトで、報酬をもらっている方をアフィリエイターと呼びます。
アフィリエイトというものをご存知ない方のために、簡単に説明しますと、アフィリエイターは、ある商品を自分のサイトで紹介します。
パソコン初心者でも、始め方はそれほど難しくはありません。

 

ユーザーは検索などから、アフィリエイターのサイトにたどり着き、紹介されている文章を読みます。
そして、「これは是非、買いたい」となれば、リンクバナーから、ネット販売しているサイトへ行ってもらい、そこで実際に商品を購入するわけです。
成功報酬として何パーセントか、アフィリエイターにお金が入るという仕組みです。
要するに、商品を紹介して、買ってもらって、マージンが入るということです。

 

さて、アフィリエイターの報酬は、当然ながら、ネット販売している企業から頂くものですが、これは、どのような行為に対して支払われる報酬なのでしょうか?
それは、「紹介したことに対するお給料」ですよね。
ですから、アフィリエイターは、当然ながら、商品の紹介に力を入れなければなりません。
初心者が始め方として、よくメーカーの仕様をコピペして貼っておくだけの方もいらっしゃいますが、それではサービスを紹介したことにはならないでしょう。
もちろん、商品が売れないことに対するペナルティなどはありませんから、売れなかったら、報酬が発生しないだけで困るのは自分だけです。
もし、どこでも手に入るようなありふれた情報だったら、当然ながら、ユーザーも魅力を感じません。