内部対策でライバルサイトと差をつけろ!

内部対策でライバルサイトと差をつけろ!ということで、サイトの内部対策をキチンとおこなえば、上位表示に一歩二歩と近づきます。ライバルサイトよりも上位表示させたい方は要チェックだぜ!

 

内部対策でライバルサイトよりも上位表示させようぜ!

 

サイトの内部対策を行います。

 

サイト内部のHTMLソースの見方は、
サイトを開き、右クリック ⇒ 「ソースの表示」です。
※windowsの場合

 

 

ヘッダーにはタイトルと説明文、キーワード設定を行います。

 

赤丸部分、黄色の部分に文字を入れます。

 

タイトルには、32文字程度。
メタキーワード部分は、目標キーワードを2~3語
メタディスクリプションには、64~100文字程度
h1タグには、サイトを要約した一行

 

 

内部対策の充実をするために

 

サイトタイトル部分、メタキーワードには、目標キーワードを必ず入れます。

 

メタディスクリプションは、検索結果にタイトルと一緒に表示されるので、
できるだけ魅力ある説明文を入れます。

 

 

 

1ページの文字数やキーワード出現率

 

文字数を決めるとか、キーワード出現率を何%にするなど、
決めるのはナンセンスだと思っています。

 

というのも、つくり上げるサイト構成によって変わるからです。

 

ただ言えることは、テキスト文字数が少ないと今の検索エンジンは
上位表示させてもらえない傾向にあるようです。

 

上位表示させたとしても、情報がすくなければ、訪問者はほかのサイトへ
移動するのですから、情報を伝えようと思えば自然にテキスト文字も
それに属するキーワードも増えていくものです。

 

私の経験上、あまり意識しすぎないほうがよいようです。

 

 

サイト内リンクも全てのページに行けるようにリンクしましょう。
これは基本中の基本ですね。

 

 

内部対策でしないほうがよいのが隠しリンクですね。
バックグラウンドの色と同じ色にすると、スパム認定を受けて
圏外に飛んでしまいますのでしないようにしましょう。

 

 

 

内部対策の要約

 

 

内部対策のポイントよ!


ページ内容を効果的に伝えるために適切に記述しよう!
 ページ内容と異なる関係のないタイトルは付けない。
 「無題」や「ページ1」のようなタイトルにしないこと。

 

 

各ページは固有のタイトルを付ける!
 よくありがちな、トップページと個別ページが全て同じタイトルは使わない。
 各ページがそれぞれどんな内容なのか個別設定をおこなう。

 

 

長いタイトルよりも簡潔で分りやすいタイトルにする!
 タイトルタグに不要なキーワードを入れないようにしよう。
 極端に長いタイトルは検索結果にも表示されないので注意!